10歳 ~子供なのに欲しかったマンガ全巻を大人買い~

2020年9月29日

10歳の頃。

絵を描くのが好きだったこともあり、マンガばっかり読んでいた。
絵を描くためという名目ですでに家にはマンガはいっぱいあった。
友達がウチに遊びに来てマンガだけ読んで会話もなく帰っていく。
そんな光景も度々見られた。

ウチはマン喫か(笑)

イヤイヤ、当時マン喫とかねえし。

「マンガを読むとバカになる。」
そんなことが言われていた時代。

そんな時代でも幸運なことに母方の家系はマンガをよく買ってくれた。
それでも欲しいマンガは後を絶たない。

小さい時から並べるのが大好きだったので、
うー、全巻そろえてぇ。
ってすぐ思ってしまう(笑)

ある日学校から帰ってきてランドセルの中身を出し入れしてたら見覚えのない封筒が。
中を見ると札束が(笑)

これであのマンガ全巻買える。

コラコラ。絶対お前の金じゃないだろ(笑)
まだまだ欲求を制御できない子供。
いけないいけないと思いながら、

全部買ってしまった💧

そのマンガ、本棚に並べると背表紙の絵が繋がっていく。
並べるのが大好きなんでとってもご機嫌。
まさにご満悦(笑)
勘のいい方はおわかりだろう。

そう、龍玉である。

当たり前のことだが、いい気分もそう長くは続かない。
ある日おかんが、

学校から給食費のおつりもらってきてない?

ん、あ、ああ、知らない。

あれー、おつり結構あったと思ったんだけどなあ・・・

ど、どうかなー、この前渡したっけかなー。

そうだったっけー、受け取ったかなぁ・・・

絶対バレてる(笑)

ウチのおかんも結構テケトーでねー、完全に忘れてたのか聞かれるまで結構時間があった(笑)
今から思えば給食費のおつりなんで札束って言っても金額的には大したことない。
でもなんだろう。このなんともいえない気持ち悪さ。

僕はこの日以来、
自分にウソをつくのをやめた。

ウソをつかなきゃいけないときもある。
優しいウソだってある。必要なウソだってある。

でもねー、このとき思っちゃったんだよねー。
なんか、こういうのくだらないなって。
もっともっと大事なことがあるんじゃないかってね。

POINT!! ウソをつくのがいけないんじゃない。
邪な心を持つことがいけないんだ。