どうして受け入れるだけでゆるむのか

2021年7月22日

最近妻の様子がおかしい。

別段どこがおかしいというワケではないし、イヤになったとかそういうことでもない。

でもなにかがおかしい。

なんか違うw

多くの方もそうなのかもしれませんが、今はコロナ禍で不安になることも多く、ニュースを見てても重かったり否定的なことが多いですからね。

そういった部分ももちろんあるかとも思いますが、それにしても違いすぎるw

僕の気のせいの可能性もあるんですけど、気になる気になるww

色んなアプローチから様子をみてたんですけど、よくよく聞いてみると右肩が痛くてあがらないらしい。

専門家にみてもらったら五十肩だって言われたらしい。

ホントか?ww

僕は小学生の頃から野球や他のスポーツをかなり真剣に取り組んだ運動オタクで、スポーツを通じて身体のことや精神のことも調べて練習してました。

身体と心のことについては一般の方よりも詳しいのではないかと思います。

いつも痛そうに顔をゆがめているので少しでも楽にしてあげようと痛みをとる方法を考えてみました。

でも普通にやってもおもしろくないww

色々ネットで調べているとおもしろいものがたくさんみつかりました。

触るだけで痛みがとれるとか、一瞬でなおるとかww

気の話なんかも出てきそうな一見怪しそうなものw

コレ、おもろいわww

更に詳しく調べながら、自分の身体で試してみてを繰り返していくと徐々にわかってくることがあります。

まあ、わからないことの方が多いけどw

僕がおもしろいと思ったものはキーワード的には、古武術、活法、合気の類ですかね。

ソフト系整体というか、東洋的思想というか、瞑想やマインドフルネスにも通じるものを感じたり感じなかったりw

痛いの痛いのとんでいけ系?ww

これらのことも調べれば調べるほどおもしろいんですけど、話すとめちゃくちゃ長くなるのでその辺は別の記事で深堀りできればと思います。

身体の痛さというのは多くの場合凝りが原因となります。

要は固くなってるってことなので、ゆるめてあげれば痛みはなくなるというワケです。

かなりざっくりww

もちろん人間の身体はかなり複雑な構造をしており、痛みの原因もものすごくたくさんあります。

それがどこにあるのかを見極めるのが最重要項目になるんですが、こちらも長くなるので割愛w

まずは触れているだけで筋肉がゆるみ痛みがなくなるという現象を試してみることにした。

結果はまあ誰がやっても触ってるだけでゆるむんですが、それを紹介というか説明してくれてる方の表現におもしろいものがありました。

自分でここが固くなってるぞー、もっと力抜いていいんだぞーって認識してその事実を受け入れるとゆるんで柔らかくなると。

ますます怪しいww

で、タイトルの「どうして受け入れるだけでゆるむのか」に繋がっていくワケだ。

前置き長げーww

これはいくら考えても不思議さが残るおもしろいものなんですが、説明は一応できます。

そもそも受け入れてないから固くなっているということに端を発します。

もうワケわからんww

受け入れるとゆるむということは最初から受け入れていれば固くなることもないわけで、固くなることもなければどうして受け入れるだけでゆるむのかなんて疑問は出てこないワケでww

でもこれでは説明にも解説にもなってないのでもうちょっと別の視点で話を進めますw

あくまでこれは表現方法のひとつであって、そうであるわけでも、その事実だけだということもありませんのでここからはものすごーくリラックスした状態でなんか言ってんぞコイツ程度でお楽しみくださいw

現象としてわかりやすい表現は自分の身体に起こっていることは全て自分が起こしていることだということ。

今回のケースで言うと筋肉を固くしているのも自分、柔らかくしているのも自分ってことです。

聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、人生の選択なんかも自分で全て選択していると。自分が望んでいることだと。

ちょっと引き寄せの法則的な話になってきましたw

自分で起こしていることなのに意識的にコントロールできないのはなぜなのか。

ここで初めて外部からの影響が出てきます。

自分以外のものに影響を受け、自分で起こしていることだと思えなくなる思考、意識のクセが付きます。

なんか顕在意識、潜在意識的匂いを感じるw

まずその誤解を解いてあげて、ただのクセを取り除いてあげるだけで現象は大きく変わります。

柔らかくするのはそう難しくないんですが、クセが抜けないとまたすぐもとに戻ってしまう。

なので柔らかい状態を本人に体感してもらって、これでいいんだよ、これが普通なんだよ、頑張りすぎないでいいんだよとクセを抜いていく。

スゴ腕整体師さんとか、トレーナーさんとか、ヒーラーさんなんかはなにげにこんなことしてます。

この状態があるがままを受け入れるという状態です。

ここまでいって初めて受け入れるだけでゆるむという現象が起こります。

まあ、この記事自体もそうですが、状態によって現象が変わるということは、語り手や聞き手の状態によって現象が変わるということ。

そう考えると信じることは自分自身ということになるのかもしれません。

直感を信じろ的な?w

信じるということについては別の記事で深めに扱ってます。気になる方は一読を。

今回は言葉は最近よく聞くけど、実際どーなのよっていう「受け入れる」について深く考えてみました。

あくまでもひとつの見解なんで気が向いたらみなさんも考えてみてください。

僕は個人的にこういったワケわからんちょっと怪しめのことについて考えると脳がゆるむような気がして好きなんですよね。

みなさんはどうですか?

たまには答えを求めないゆるさで考えてみると人生楽しくなるかもしれませんね。

答えは全て自分自身が持っている。故に探す必要はない的なw

それではまた。